シェヘラザードの本棚

物語同士のコネクションを探して

なかない鶴は呪詛を吐きながら愛を鳴く~おんな城主直虎33話~

今回、言葉になりませんでした。言葉にできないほどの感情があふれてきて、ちゃんとブログに感想をおとしこめるか、自信がないまま書こうとしています。なにを書こうと、自分が受け止めた気持ち以上の事をちゃんと言語化できてはいないと思います。だけどこ…

因果は巡れど、愛する事をやめず人は歩む~おんな城主直虎32話~

駿河へは武田が、遠江へは武田が侵攻することによって今川家が窮地に立たされています。乱世の火花が散る中で、昨日の敵は今日の友の名の通り、誰が敵でも味方でもおかしくありません。一体、何が、どの道が正しい答えなのかわからない中で己で考え歩んでい…

医療ドラマから見えてくるもの~シカゴ・メッドとコード・ブラック~

医療ドラマの傑作といえばER緊急救命室が有名で、個人的にも大好きな作品でした。それと同じレベルで「好き」いえる作品にはもう出会えないかな?と思ってましたがここで紹介する「シカゴ・メッド」と「コード・ブラック」が面白い。この二作品を見る事で、…

未来という名の希望のため 今、生きている君を殺そう。~おんな城主直虎31話~

「徳政令」を受け入れる事で、国を潰して国を生かす決心していた直虎。そのプロットを実行しようとした時、思いもよらぬ役者たちがその舞台に躍り出ました。直虎が窮地に立たされていると知って、徳政令撤回の申し出でる瀬戸・祝田村の百姓達。この時点では…

天才(もしくは凡人)がもたらす栄光と影~ソーシャル・ネットワーク~

あのフェイスブックを作った奇才、マークの話。 が、このマークがかなりくせのあるキャラ。思考回路は超論理的だが感情面が幼児的。彼女とのデートシーンにこの二面性が顕著に顕れている。会話は完全にディベート。もちろんマークはふられ、おもしろいことに…

そうせざるをえない者達~おんな城主直虎30話~

とうとう武田との全面戦争が回避されなくなってきました。今川家はそのための準備にとりかかることに。直虎は徳川との密約を水面下で結びつつ、氏真に命じられるまま戦備えをします。その氏真に呼び出された方久は、気賀に蔵を建てる事と認める代わりに井伊…

届かなかった夢を持った者達に祝福を~少年ハリウッド~

このブログで少年ハリウッドについて触れるのも今回で三度目。アニメの放送が2015年で終わっていますが、最終回の完全版を作るプロジェクトが進行中だったりと、ファンも彼らも出会ったあの日から生き続けてます。そりゃあ、日々の生活で「少年ハリウッ…

子に武器を増やし、戦う姿を見せていく母~おんな城主直虎29話~

不穏なマクロの影がだんだんと井伊谷に忍び寄ってくる中、信玄公の「巨悪」っぷりに対抗するため、 直虎は家康に上杉との同盟を提案して、なんとか今川攻めを食い止めようと画策します。そのころ、寿桂尼が机上に伏しながら世を去りました。今川家はもちろん…

正義や権力を求めた男に最後に残ったものとは? ~J・エドガー~

アメリカの物語に触れていれていようが、いなかろうが誰もが聞いたことがあるFBI(連邦捜査局)。その初代長官にて、長い間その地位に50年近く君臨し続けた続けたJ・エドガー。彼の捜査網によって得られた情報は、大統領さえも脅かすもので、彼らさえも…

黄昏せまる宗主国。その主として。~おんな城主直虎28話~

前回までは基本的に井伊家の内政にじっくり取り組んできたお話に、フォーカスが置かれていました。これまでも極めてミクロなテーマの中から戦国というマクロがちらちら見えてましたが、今川家の目線を通すことで魑魅魍魎がうごめくマクロの厳しさを突きつけ…

不完全な世界の不完全な人々~愛すべき娘たち~

よしながふみさんの織り成す女性たちの5つの短編集。久々に読み直すと、やっぱり傑作。「きのう何食べた?」みたいな日常ものも、「大奥」のような歴史のifストーリーも、どちらも深い人間への理解と眼差しが感じられます。上手くいえないけどバランスがす…

父親たちの亡霊とどう向き合う?~おんな城主直虎27話~

方久から気賀の城主になってはどうかと提案された直虎。ちょうどいいタイミングで、中村屋が町衆を連れ、大沢ではなく直虎にその気賀を治めてほしいとの申し出がありました。できるものならやってみたい直虎のようですが、さすがに現実問題、超えていけない…

虚構の存在が現実に伝えてくれること~きみはほんとうにステキだね~

最近というかほぼ週刊・直虎感想!になりつつあるこのブログです。その脚本家の森下佳子さんについて、最近私は以下のように書きました。 脚本家の森下佳子さんの作品に出てくる人物はキャラクター(虚構)的でありながらどこか生生しさがあって「生」を感じ…

ルール(不自由)のなかで自由でいるには~おんな城主直虎26話~

材木を駿府に持ち込む事で今川家からの謀反の疑いを晴らす事に成功した直虎。これに対してご都合主義だと思う方もいるかもしれませんが、私はどちらかというと非常に日本的な会議のまわり方を感じました。意見に正当性や合理性を求められてるというより、そ…

物語は誰がために~ウォルト・ディズニーの約束~

ディズニー作品の中でも名作と名高い「メリー・ポピンズ」。その映画化のために、イギリス在住の作者。パメラ・トラヴァースはアメリカのディズニースタジオへ。だが気難しく頑固な彼女は、製作スタッフのミュージカル化や俳優、舞台のセット案、アニメーシ…

見えない忠義を求める氏真と見えない絆で立ち向かう直虎~おんな城主直虎25話~

井伊の材木の売り先が決まり喜びに沸く直虎達の一方で、「塩留」という経済封鎖を使い武田を追い込もうとする氏真。他国との情勢がだいぶ不安定になりつつあるようです。今回はそんな暗雲立ち込める今川家に、思わぬ形で巻き込まれる井伊家が、どのようにそ…

伝奇小説の奥深さというか、すごい世界を見てしまった。~柳生陰陽剣~

慶長十一年、死の床にあった柳生石舟斎が言い遺した言葉。それは、枕頭に侍っていた新陰流の達人にして、陰陽道の術客でもある柳生友景に、朝鮮妖術師との新たな死闘を覚悟させた。古代よりの怨讐をこえて魔界の王を味方にし、魑魅魍魎をも従えた友景は、後…

少女の夢はもう見ない。だから、さよならを君に。~おんな城主直虎24話~

直虎のヘッドハンティングを「がらじゃねぇ!」といって断った龍雲丸。そんな井伊谷での小さな動きが起こっている中で、外交では今川氏真が武田家の「経済制裁」として「塩留」を行い、国力を取り戻さんとするために、「縁談政策」を推し進めてきました。そ…

井伊谷カルテットwith N (六左衛門・直之・方久・プラス南渓和尚編)直虎を囲む魅力的な脇役達について

今週は直虎感想記事が、一日ずれ込んだので土曜日の方の更新はなしにしようかと思ったんですが、ちょうどいい機会なんでさらっと短く、直虎の脇役陣について超個人的な印象を書いていきたいと思います。タイトルが、「井伊谷カルテット」っていうなら四人だ…

水面下で動く男達の秘めた感情~おんな城主直虎23話~

飲みにケーションwith龍雲党で井伊の住民達との親睦を深めた翌日、近藤さんが何者かによって本尊盗まれたと直虎のもとにやってきました。彼の言い分によると、犯人は龍雲丸達ではないかという事でした。引き渡しを要求された直虎ですがなんとか逃がそうと画…

山に恋した男の子。 WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~

※ネタバレ含みます。大学受験を失敗し、彼女にもフラれた平野勇気。パンフレットの表紙にのっていた美女につられて、一年間の林業プログラムに応募してしまう。しかしそこは携帯電話が圏外になってしまう山奥。荒々しい先輩の飯田ヨキや不便な村から逃げ出し…

「内(うち)」と「外(そと)」の断絶を越えて~おんな城主直虎22話~

前回、直虎は龍雲丸の一党を木材伐採のためにヘッドハンティングしてきました。今回はそんな外部の彼らが、井伊谷の定住民といざこざを巻き起こします。今までもミクロの部分にフォーカスを置いている大河だと述べてきましたが、この話でマクロの波に飲み込…

エンタメが文学を繋ぐ。太宰治の『黄金風景』 ~花もて語れ5巻~

いまや漫画やアニメーションがいまや世界的広がりを見せています。それの面白さ一つは、題材のバラエティ豊かさなんですよね。恋愛やヒーローや歴史ものなどのメジャーなものから、人があまり知らない職業ものなどありとあらゆるジャンルを網羅しています。…

竜虎相見える。ミクロなやり取りから戦国というマクロへの問いかけ~おんな城主直虎21話~

前回の隠し子事件からの女達の友情の芽生えから、今回はうってかわって気賀に営業を領主自らかける直虎さん。そこで名前も知らずアドバイスを受けてた「盗賊の頭」と思わぬ形で再会することになりました。ていうか銭を子供に掏られて追いかけたら、逆に捕ま…

王冠を戴くアメリカンアイドル。その名はPresident of the United States of America~さらば白人国家アメリカ~

「二大政党の将来がどうなるかはわからない。ただ言えるのは、アメリカが白い肌に青い目で英語を話す人々の国だった時代は、確実に終わるということだ」――トランプ対ヒラリー、史上最悪の大統領選が暴いた大国の黄昏。在米の人気コラムニスト町山智浩氏が、…

女達は慟哭したのち、再生す~おんな城主直虎20話~

前回はシリアスなテーマ「法と秩序の為政者としての判断と、個人レベルの正しさを通す両立の難しさ」をうまくコーティングして、どたばたコメディの様を見せていました。今回も、しのと直虎の関係性の変化に大笑いしたものの、なかなか心打たれる話だったと…

英雄去りし組織を率いるリーダー『Major Crimes~重大犯罪課』

突然ですが私の好きなタイプをいいますと「理性的だけどその裏に負けないくらい情があって、だけどそれを理性でおさえて行動する。(たまに感情がこぼれるのはよし。むしろ可愛い)」というのがあります。これは男女あんまり関係なくて、男性としても好きだ…

いつか罪と罰を分かち合うその日まで~おんな城主直虎19話~

前回がシリアス回だったので今週はサービス回かな?ブログでキャラ萌えに特化した記事が書けるぞ!ガッハッハ!なんて、阿呆なことを考えていました。すみません。重かったです。話自体は盗賊たちの材木窃盗にまつわる井伊家のてんやわんやな話に、コミカル…

親と目線が対等になる時の衝撃~強父論~

エッセイスト兼タレントで活躍なさっている阿川佐和子さんの父親との思い出をつづった本です。この阿川さんの父親は「山本五十六」などを書かれた小説家の阿川弘之さんですが、絵にかいたような昭和の暴君きわまった頑固おやじといいますか、現代だと速攻ア…

なかない鶴と鳴く犬は。人のステージが変わった瞬間をみてしまった。~おんな城主直虎18話~

今回の「あるいは裏切りという名の鶴」は神回じゃなかったですか?もう第何次小野政次インパクトなの?ってくらいこちらを揺さぶってきてました。好きすぎて言語化も分析もしたくねぇー!!って感じで、心が脳を拒絶している状態だからいつも以上に乱文にな…

記憶を失ってもそこに残る何か~アリスのままで  (原題 Still Alice)

大学で言語学者としてバリバリに働いている50才のアリス。優しい夫は医師。子供達は三人いてそれぞれ自分達の道を進んでおり、絵にかいたような比較的裕福な幸せな家族。それがアリスの若年性アルツハイマーによって徐々に崩れていく。 <若年性アルツハイ…

パックス・イマガーワ(今川家傘下の平和))の揺らぎと小野政次政務官の政策の行方~おんな城主直虎17話~

前回は、内政で国を潤す「富国」で今回は軍事力強化をする「強兵」の話となりました。 新兵器「種子島」(火縄銃)を自国で量産化を目指すものです。 百姓集めの時は遠回りなアドバイスをしてくれた政次も「今川家から謀反の疑い」をかけられるといって軍事…

君(物語)は私の友達だから~物語が擬人化し、人が物語化すること~

〈物語の擬人化〉 「キャプテン翼」の翼くんのように「物語」が幼いころからの友人でした。幼稚園の頃なんかはホント友達がいなくて、だけど不思議とつらさがなかったのは、絵本やアニメがあったからだと思います。母が毎晩、読み聞かせをしてくれるたびにこ…

英雄不在の世界で生きる者達に捧ぐ歌「カ~ン・カンカン・カ~ン」~おんな城主直虎16話~

前回、寿佳尼に「民を潤す事」がマニフェストの最優先事項と提示した直虎さん。今回はその政策の具体的実行力が問われる話となりました。 「国の土台は『食』と『安全』にあり。」と考えてる私ですが、それだけでは発展はありえないでしょう。もうワンランク…

『おんな城主直虎』好きにおすすめする『カルバニア物語』~世界の残酷さや断絶をとらえる柔らかい眼差し~

大好きな作品を誰かと語り合った時、好きなポイントが全然違った!!って経験はありませんか?例えば、「おんな城主直虎」のどこがいい?って意見をきいたら、「役者さんの演技がいい」「音楽がいい」「脚本がいい」などのふんわりした理由から「直虎・直親…

政次さんの対直虎成績0勝1敗 果たして勝利の女神は今回どちらに微笑むのか?外交編~おんな城主直虎15話~

前回は、井伊の内政問題を扱っていました。今回は外交になります。昔から上下関係の同盟関係をもつ国の関係は非常にバランス感覚をとるのが大変です。独立した一国としてのアイデンティティを守る事と安全保障のためには従順でなければならないという現実の…

プロの矜持が救うもの。愛情や友情の絆からこぼれ落ちても。②~少年ハリウッド編~

前回の記事で「愛情や友情の絆」からこぼれ落ちてしまった人達はどうすればいいのだろうか?という問いに、「職業意識の高潔さが彼ら彼女らを救うんだ。」と私は結論づけました。ただしこれはちゃんとした強い目的意識をもった組織人の話なので、もうちょっ…

直虎VS政次 人の上に立つ資格があるのはどちらか?~おんな城主直虎14回~

Twitterのほうでは、「政次がね、政次は~、政次ったら」とほぼほぼ政次botになっている私ですが、この話をみる限り、彼はどうも官僚タイプの人間で上に立つ政治家タイプではないんですよね。ほんと「シン・ゴジラ」みたく霞が関あたりで勤め上げた方がよっ…

プロの矜持が救うもの。愛情や友情の絆からこぼれ落ちても。①~カルテットとGUNSLINGER GIRL編~

タイトルで「プロの矜持が救うもの」って書きましたが、それに踏み込む前に「愛情や友情の絆」が救うものについて説明していきたいと思います。ここでいう「救う」って何から誰を救うのか?というと、残酷な世界や親の負の遺産から食いつぶされそうな子供達…

直虎ちゃん城主ピカピカ一年生☆法師から城主へのクラスチェンジで経験値0からニューステージ!?~おんな城主直虎13話~

いや、ほんと面白いですね。毎回、感想かかないぞ!!とりあえず週一ペースでブログ更新☆とか心に決めていたのにそんな自分に徳政令(←使い方違う)です。とはいっても軽く触れる程度であらすじとかは、とばしまくりなのであしからず。 さて、ブログの題名か…

Mr.ハーレムの幸せの行方。メインヒロイン不在。~源氏物語~

周りに、「光源氏」のことどう思う?と聞くと、「あぁ~。なんかかなりプレイボ-イって感じで嫌だよね。どんだけ女の人泣かすの?」とか 「いやいや、あの時代はあれが普通だし。むしろ生活面倒みてるからいいんじゃない?」と賛否両論な男性でした。私はと…

負の連鎖の断ち切りと継承の難しさ~おんな城主直虎

12話まで視聴して、このドラマはどんなドラマかと聞かれれば、 「土着の狭い共同体と『家』。濃い血縁関係が生み出す閉塞感。それらのしがらみがあるゆえに、乱世というパラダイムシフトについていけない者たち。そして・・・」といったところでしょうか。特…

救われないこの世界の最前線に立つ~HOMELAND~

私が物語を読む時のテーマの一つに、「転向(convert)」する人はいったいどんな動機を持ちどこへ向かうのかというのがあります。なぜこれに興味をもったのかというと「幽☆遊☆白書」の仙水忍というキャラクターから始まります。彼は正義感が強く霊界探偵とし…

物語が確かにそこに在る強さ~実在性少年ハリウッド~

いまやアイドルアニメ戦国時代。数々の作品が世に生み出される中で、「少年ハリウッド」の一話目の見た時の衝撃はすさまじかったです。というのも、アイドルアニメを見ようと意気込んでいたら、村上春樹の主人公ばりの内面ポエムから始まったんですよ。しか…

森下佳子は直さない。瑕疵を光へ変えていくこと。

「おんな城主直虎」始まってますねぇ。賛否両論あるなかで、私としては「政次さん、かわいそすぎて、いますぐ俺つええ系のチーとハーレム主人公にしてあげてくれ。かわいい敬語妹とちょろいツンデレヒロイン、ずっと想ってくれる幼馴染だけでいいからぁ!!…